コンテンツ一覧

契約条件の内容確認

社内

現状回復の範囲

企業は業容の拡大に応じて従業員の増加が必須となりますので、事務所スペースの拡張のための事務所移転が必要となります。事務所移転先を探索すら際にはアクセスの利便の立地条件に加えて賃料に見合った契約条件であることの確認が必要です。特に内装工事や間仕切りの変更を伴う場合には現状復旧の範囲の確定をする必要があります。新築工事の場合には事前のスケルトンの状態から設計変更を申し入れることによって事務所移転にかかる費用を退去時の現状復旧部分に限定することが可能となります。こうしたケースでは後継テナントが使用しやすい共通化可能な部分はできるだけ一般的な仕様にすることによって現状復旧部分を最低限に限定することが可能となります。新築工事当初の内装となるわけですから交渉によっては現状復旧をせず、そのままオーナーに引き取ってもらうえる可能性も持っています。既存の建物に事務所移転すす場合には現状のあり姿を記録に取って保存しておくことが退去時の現状復旧のトラブルを防ぐ最小限の対策となります。一般的に事前に使用していたテナントの現状復旧工事が新築当時の設計図書と異なるケースがありますので、図面以外の記録が必要ということになります。ITの進展によってテナントのよる内装工事のグレードがアップし、コストも大きくなっていますので、現状復旧が資源的に無駄なケースが現出しておりますので、退去時に無償で置いていくことで現状復旧を回避する交渉も重要です。

Copyright© 2018 パーテーションの活用術【店舗やオフィスを気軽に間仕切る】 All Rights Reserved.